N様邸 床リフォーム

こんにちは。鈴木です。

今日は弊社にご依頼をくださった
N様邸の床リフォームをご紹介いたします。

猫のためのリフォームは、
キャットウォークを設置したり
脱走防止対策を施すだけではありません。

猫さんを迎えてから、
床の滑りや傷を気にされていたN様。


before。

猫さんのことを考え、
滑りにくいペット用の床材を選び、
既存の床を剥がすことなく
厚さ4mmの床材を上から貼りました。

そう。

猫さんと暮らしながらでも
リフォームできるのです。


after。

戸建ての1階部分(和室以外)に施工。

廊下から続く玄関も、この通りです。

工事初日、階段から様子を伺っていた猫さんは・・・

次の日には現場監督をしていたそうです(^^)


キッチン施工途中。


after。

冷蔵庫の裏から猫さんのオモチャがいっぱい出てくるのは、猫と暮らすあるあるですね!


施工後のパトロール。


尻尾ピーン!

こちらの床材は、
私の自宅でも使っています。

帰宅後、カピカピになった嘔吐物があっても
ティッシュパック(※)をすれば綺麗になります。

掃除しやすいという点も
猫と暮らす日常には嬉しいですね。

※ティッシュパック
手順1:カピカピになってしまった嘔吐物に、お水や消毒液をたっぷりスプレー。
手順2:その上にティッシュやキッチンペーパーをかぶせて数分おく。(水分をしっかり含ませ、パックのように汚れと密着させるのがポイントです。)
手順3:あとはそのまま拭き取るだけ。

しつこいカピカピには、上記の手順を繰り返してみてくださいね。
以上、キャットシッターのマメ知識でした。

N様と猫さんが快適に暮らすためのお手伝いをさせていただき、とても嬉しく思います。
N様、誠にありがとうございました。

お読みいただきありがとうございます。

Follow me!