ニャ談会、来週です

こんにちは。鈴木です。

 

今日のような真冬の寒さは、
ついつい室内にこもりがちになり、
活動量が減ってしまいますね~。

 

猫も寒くなってくると行動量を減らし、
睡眠時間が増えるそうです。

 

これは身体を温めるエネルギーを
確保するための『省エネモード』。

 

そして、よく食べるようになるのも
脂肪を蓄えて、それを燃焼するエネルギーで
身体を温めるためなのです。

 

一方で、飲水量は減ります。

 

自然なことのようにも思えるのですが・・・

 

気をつけたいのは、
冬に特に多くなる下部尿路疾患

 

飲水量が減ると排尿の間隔が長くなり、
膀胱炎や尿石症を引き起こす原因になります。

 

冬も猫さんたちが必要な水分を摂れるよう、
一緒に暮らす人が工夫をしてくださいね。

 

もう少し突っ込んだお話や、
みんなどうしてるの?という疑問、
なんでもない猫話は、
来週のニャ談会で。

 

12月14日(土)10時~12時
テーマ「猫の寒さ対策」

 

今年最後のニャ談会です。

 

猫話をすれば寒さも吹き飛ぶかも。
お気軽にお越しくださいませ。

 


おまんじゅうが、ひとつ。

 


真下から眺めてみました。

 


ふたつに増えました。

 

手でしょうか?
足でしょうか?

 

正解は・・・・

 


手でした。 前足とも言いますが。

 

暖気は上にたまりやすいので、
お部屋の上のほうにも寝床があると
猫さんが喜ぶかも知れません。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

Follow me!